ココカラ・フォーエバーは、関わった方々の“心とカラダの健康”を維持・改善するための健康事業や絆づくりをしている会社です。

header3.png

自治体・企業.jpg

平均寿命と健康寿命について

健康寿命.jpg平均寿命と健康寿命との差は、日常生活に制限のある「不健康な期間」を意味します。
平均寿命と健康寿命(日常生活に制限のない期間)の差は、 平成22年で男性9.13年、女性12.68年となっています。
今後、平均寿命の延伸に伴い、こうした健康寿命との差が拡大すれば、医療費や介護 給付費の多くを消費する期間が増大することになります。
疾病予防と健康増進、介護予防などによって、平均寿命と健康寿命の差を短縮することができれば、個人の生活の質の低下を防ぐとともに、社会保障負担の軽減も期待できます。

参考資料:平均寿命(平成22年)は、厚生労働省「平成22年完全生命表」
健康寿命(平成22年)は、厚生労働科学研究費補助金「健康寿命における将来予測と生活習慣病対策の費用対効果に関する研究」より


65歳以上の要介護の原因

要介護となる主たる原因として、「脳血管疾患」「認知症」「高齢による衰弱」に次に多いのが、 『関節疾患』と『転倒・骨折』です。
この2つは、骨や関節、筋肉などの”運動器”の衰えが原因となっています。


ノルディック・ウォークについて

mino18.JPG弊社では、ウォーキングよりも、安定し転倒しにくく、運動効果も高く、参加人口も年々増えている 『ノルディック・ウォーク』に力を入れております。
2本のポールを使用することにより足腰に掛かる負担も減少するので、気軽にウォーキングを楽しむことができます。
  今まで運動されたことがない方も是非ご参加ください。
2本のポールを持つことにより、全身の90%にあたる筋肉を活動させるので、カロリー消費量も通常のウォーキングに比べ約20%アップさせ、エクササイズ効果もあります。

LinkIcon詳細はこちらへ


健康プログラム作成及び実施

nol13.jpgノルディック・ウォークだけでなく、それぞれの自治体様、企業様のご要望に応じて、プログラムをご提案いたします。
訪問看護、介護をしている関連会社(フリーステーション)とも連携をしていますので、ただ単に楽しいといったものでなく、しっかりと健康のことを考え、より安全な運営を心がけております。
semi7.jpg体験会、講習会、日帰りプラン、宿泊プラン、ロコモ予防、メタボ解消のための習慣づくり、など実施できますので、お気軽にご相談ください。


LinkIconお問い合わせは、こちら




8ED096BC82CC97R9788.png

rinen.png

事業.png

ノルディック.png

自治体.png

イベント案内.png



komiya.png

ココカラFB.jpg

ココブロ.jpg



ココカラキッチン.JPG

toiawase.jpg